2013年11月08日

かたむつり

 グーチョキパーで、グーチョキパーで、何作ろう、何作ろう
 右手がグーで左手がグーでかたつむり、かたつむり

 という手遊びがありますが、今日の夜ご飯の時、突然祭輝が歌い始めました。

 これをやっていたのはかしわ学園にいたころなので3年ぐらいは前のことです。
 当時は自分で歌う頃はことはできませんでしたが、今日は一人でほぼ完璧に唄ってました。
 ただし、「かたつむり」ではなく「かたむつり」と言っていましたが。

 しかし、何故急に?
 母さんが「どっかでやったの?」と聞くと「ゆーゆー!」と答える。
 
 悠悠クラブでやったのかな?ホントかな?


 
posted by pegami at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 悠悠クラブ | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

My name is Saiki.

母さんが祭輝の悠悠クラブでの活動記録を持ってきてくれました。
一番驚いたのが、「英語で名前を聞かれて英語で答えた」との記録。
What is your name?と言われて
My name is Saiki!と答えたということでしょうか?信じられない。
一度生で聞いてみたいものです。
英語は日本語より易しいということを聞いたことがありますが、もしかして日本語より英語のほうが得意になったりして。と思いました。
posted by pegami at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 悠悠クラブ | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

流しそうめんかあ

悠悠クラブでの夏休みのイベント。祭輝は流しそうめんをした時の写真を持ってきました。
美味しそうにそうめんを食べる様子がうつっていました。
いいなあ。父さんは流しそうめんなんてしたことないんじゃないかな。と思いました。

ちなみに今日の晩ご飯はラーメンだったそうで、これもちゃんと食べたそうです。
やはり、麺類は好きなようですね。

posted by pegami at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 悠悠クラブ | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

縁日

 今日は悠悠クラブで「縁日」があったそうです。
 私が帰宅すると「ゆーゆー」と言って「これ!」とビニール袋を取り出しました。
 金魚のおもちゃなどが入っていました。金魚すくいでもしたのかな?

 きっといろいろ楽しんだんでしょうね

posted by pegami at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 悠悠クラブ | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

英検5級・漢検3級合格!

 悠悠クラブの発行する「悠悠通信11月号」によると、悠愛義塾の塾生Yさん(小学校6年生)が英検5級と漢検3級に合格したそうです。Yさんはダウン症。
 以前から英検や漢検を受験して合格したという情報は掲載されていましたが、今回は驚きました。
 漢検3級に合格できる自信は私にはない。
 そのうち英検も抜かされてしまうかも。
 言葉はきついかもしれませんが知的障害者のしかも小学生ですよ。

 「最近の小学生も勉強が難しくてねえ。親もついていけないよ」なんていうセリフがダウン症の子でも当てはまるのか?

 もちろん、Yさんの場合の親御さんの熱心さや情熱はうちなんかの何百倍もなわけですので、単純にそうなことは言えませんね。

 祭輝にもなんか取り柄ができたらいいなあ。とぼんやりしててもただ時間だけが過ぎて行きそうです。

 小学6年生のYさんは進学はどうするんだろうなあ。なんてこと考えながらまたどうでもいいことに思いをめぐらせました。

 「義務教育」って親は子に小学校と中学校で学ばせる義務があるっていうことですよね。これはつまり、兵隊さんを作る主旨の延長であって、国益にかなった人材を育成するために、国の定めた指導要領に従った教育を受けさせる義務があるっていうことなんだと思っています。

 なので、指導要領のない、支援級や養護学校へ行った方がいいという判定をうけるということは、義務教育を免除されたということですよね。嫌な言い方をすると「戦力外通告」

戦力外の力で社会貢献できるようになってもらいたいなあと願います。

願ってるだけじゃダメなんでしょうけど。ははは


posted by pegami at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 悠悠クラブ | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

ライブカメラ

 ずっと前、たぶん10年以上ぐらい前だと思うのですが、ある幼稚園のことがテレビで取り上げられていました。
 幼稚園にはカメラが設置されていて、インターネットで親御さんがなかの活動の様子をみることができる、という内容でした。

 それを見た私は「えっ、なんでそんな必要があるの?」と思いました。
 幼稚園の先生を信頼してないのか?
 やりすぎじゃないのか?
 そこまで親が介入するのはおかしい!!
 という感じの感想。

 で、祭輝が幼稚園に通うようになって私が思ったのは、「カメラ設置してくれないかなあ。」

 幼稚園ではちゃんとやってるだろうか?ほかの子をたたいたり突き飛ばしたりしてないだろうか・・・。(もちろん、当初はいじめられたりしてないか?なんてことも思ったりもしました)

 うちの場合、祭輝が知的障害ということもあり、気になり度合いは高いのかもしれません。

 でも、まあだいたい、ほかの親御さんもそんな気持ちを持つものなのかな。と昔のテレビのことを思い出したりもします。

 で、幼稚園は無理でも悠悠クラブだったら自分のカメラを持ちこんで隠し撮りとかさせてもらえないかな?とか思ってたりしてたんです。
 しかし、こちらがお願いする前に、カメラが設置され、活動の様子も確認することができるようになりました。
 親がいないとき、ちゃんとやってるかな?
 
 ちゃんとはやっていませんでしたが、普段、先生方からの報告書やお話の内容と印象がかわることもなく、一安心できました。

 あんなに切望したカメラでしたが、カメラによって新しいことが発見されたということは、あまりありませんでした。
 たぶん、これは普段、クラブとのやり取りがちゃんとできているということなのかなと思いました。
 
 


posted by pegami at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 悠悠クラブ | 更新情報をチェックする