2020年02月16日

スマイルウォーキング倶楽部

今日はウォーキングのレッスン日。3回目。
初めて、祭輝一人で参加させてみました。

よさこいの「あっぱれ!!!」でもダンスの「ラブジャンクス」でも、たいてい素直に団体行動には加わらないタイプです。
ちょっと無謀かとも思いましたが、基本、付き添いは無しというシステムなので一か八かの試み。

90分のレッスン終了時、スタジオに入ってみると、案の定、祭輝は床に座り込んでいる。
他のみんなは立って先生の話を聞いているのに、祭輝は自分の世界に入り込んでいる。

おそらく、ろくにレッスンは参加せず、多分、他の人の邪魔をしていたに違いない。

困ったもんだ。

集中力がないのはダウン症のせいではく、父親譲りの特性だと思われ、なんとも言えない気分です。

んで、終わった後「楽しかった?」と聞けば、躊躇なく「うん」という返事。

本当?なにが?単なる条件反射?







【関連する記事】
posted by pegami at 22:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください