2015年10月06日

障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律


来年4月から始まる、障害者の差別を禁止する法律のことについてちょっと考えました。

障害者の差別を禁止する具体的な措置が定められているようです。
障害者の家族としては喜ばしいことですが、改めて「知的障害」の難しさを感じてしまいました。

行政機関や事業者は障害を理由に権利利益を侵害してはいけないし、「障害者から社会的障壁の除去を必要としている旨の意思の表明があった時に行われる必要かつ合理的な取組」をするようにということみたいです。

知的障害の場合、何が「社会的障壁」なのかわかりにくいし、[除去を表明」することも更に難しいことのような気がします。

この法律によって知的障害者の人にとってどのような良いことがあるのかな、と考えていると、目からちょっと涙が出てきました。
【関連する記事】
posted by pegami at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック