2011年03月07日

バリアフリーの恩恵

 たぶん法律かなんかで決められているせいなんだと思いますが、昔と比べて街中のスロープって増えましたよね。
 車椅子などの弱者の人でも生活しやすいようにというような趣旨なんでしょうが、健常な人も恩恵を受けてますよね。
 宅配便とか。街中を手押しのカートみたいなので運搬しているのを見かけたりします。ものを運ぶ人にとっても弱者向けの環境が役に立っている。という現象。

 逆もありますね。
 韓国の空港では外国の人にもわかりやすいように案内板の表示に文字はなくてマークや記号だけで表記されているそうで。
 外国人にとってもそうですが、文字の理解が難しい知的障害の人にもわかりやすいという効用がきっとあるんだろうな。と感じました。
 この方式がもっとすすんでいけば言葉や文字がわからなくても意思疎通ができる世の中になる。というまたあほらしい妄想の世界が広がっていくわけですが、その妄想中にひとつ思いついたこと。

 象形文字が文字の始まりといわれてたはずですが、実はもっとも進んだ形の文字だったのでは?などと思ったりしました。歴史は繰り返す。なんて。
【関連する記事】
posted by pegami at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック