2011年03月04日

じゃんけん

先日の「金スマ」でダウン症の天才書道家、金澤翔子さんが取り上げられていたなかで、翔子さんは勝ち負けの概念がないためじゃんけんの仕組みもわからないけど、雰囲気であっちむいてホイ遊びをしていると紹介されていました。
 さて、一方、祭輝。もちろん祭輝もじゃんけんの仕組み等知る由もなく、グーとパーは出せても、チョキについては形を作れるかどうかも怪しいところです。
 しかし、なかのしまようちえんのにっこりくらすの最終日、唐突に子供同士でじゃんけんをするという状況になり、たぶん絶対仕組みはわかってないんでしょうがそれらしいそぶりで結果的にはじゃんけんに勝ったそうです。
 そんなことが、なんかおもしろいなあと感じました。

【関連する記事】
posted by pegami at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック