2009年02月28日

むくどりホーム

今日は藤野のむくどりホームというところに行ってお話しを聞いてきます。どんなところか

posted by pegami at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

本日発送!!

 ブログネタが見つからないとき、とりあえず祭輝の写真でも載せようかとパソコンの中の画像を見ます。最近あんまり撮ってなくてぱっとしたのがないんですよね。
 祭輝の写真を見るのを楽しみにしているというありがたい声を聞くこともあり、カワイイ(と言ってもらええる)写真もうちょっととらなきゃな。なんて思っております。

 さて、そして、待ちに待った、小鳩会の会報が今日発送とのことで待ちわびた一ヶ月。
 小鳩会の会報をなぜ待ちわびていたかと申しますと、なんと、祭輝の写真を掲載していただけるということで。
 高校時代、写真部に入部したときに買ったニコンFE2というマニュアルフォーカスの一眼レフカメラを引っ張り出してきてました。
 撮影日数3日、使用フィルム3本。渾身の作品が今、世に出ようとしています。ははは。

 高校、大学と写真部に所属してました。大学では「あまりにもなにもしない部長」ということで部長職を逐われ、退部に至るという輝かしい写真人生です。あれから二十年以上のブランクを経て、私の作品が出版物となって世に出ることとなりました(おおげさですか?いやいいんです)
 祭輝、ありがとう!!
 どの写真が採用になってるかな。一枚でいいのに選びきれずに何枚も送ってしまいました。ご迷惑をおかけしました。

 
posted by pegami at 06:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

49歳、体外受精で出産。

 やりましたねえ。うちもお世話になっていた神谷レディースクリニックで、自分の卵を使ったたぶん国内最高齢。
 10年も子宝に恵まれず8年も通院して、大変だったろうな。よくやった。スタンディングオベーションをしたいところです。
 一方、経験者(奥さんが)として、こういうニュースがあるといろんなこと思います。ぱっと思いつくのが3点ほど。

 1点目は「高齢でも子供生まれるんだね」というイメージについて。
 芸能人とか40歳過ぎた出産なんていうニュースをちょくちょく目にしていた私は結婚前「高齢でも病院行けば子供はできるんだな」という間違ったイメージを持っていました。
 病院に行って「大丈夫です。40歳過ぎでも10%ぐらいの確率はあります」みたいな雰囲気のことを説明されて、つまり90%ぐらいはできないということをそのとき初めて知って。
「だまされた。世間に」と思いました。
 でもその事実をあらかじめ知っていたら今の奥さんとの結婚も相当躊躇したような気がするし、結局は子供にも恵まれちゃったりしているので、複雑な気持ちであります。
 ちなみにうちは40歳で結婚。44歳で祭輝が生まれました。
 2点目、3点目は明日以降に。
posted by pegami at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

二人だと狭くない。

 もしかして以前にも書いたネタかもしれませんが「風呂」です。
 独身の頃すんでいたワンルームのお風呂は狭く、結婚して今のアパートに移ったときは少しは浴槽が広くなるかと期待していました。
 しかし、期待はまったく裏切られ、体育座りのようにして入るしかなく私の場合はふくらんだ腹部のせいで窮屈。「うーん」とのびをするリラックスタイムとはならない入浴時間です。
 一人でも狭いわけですから、祭輝の入る浴槽はもっと狭いわけで、子供は日々大きくなる。
 なのですが、狭い浴槽でのほどよい密着、少し暴れると飛び出そうな狭さ。
 大変、心地のよいものです。
posted by pegami at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

汽笛、安眠妨害、恐怖

 最寄り駅が地下鉄の始発なので座って23分間の熟睡を楽しむ通勤が常となっております。先日の朝の熟睡中に突然の奇声でドキッと目を覚ましました。蒸気機関車の汽笛の音マネをしたような鋭く甲高く大きな声。とんだ安眠妨害です。(通勤地下鉄で熟睡を求める方がどうかしている。という意見は聞こえないふり)以前にもこんなことがあったのですが声の主はわからず、忘れていましたが今回は声の発信者を確認することができました。だまっていれば特に変わったところはありませんが20代後半ぐらいの男性でしようか、ジーンズに黒い革靴というがちょっと合ってないかなと思う程度。何度か同じような奇声を発し、真剣な表情です。時折拳で自分の胸をどんどんと叩く。精神の障害なのか、知的な障害なのか。多分病院では病名がつけられているのだろうと思われます。そして、その方に感じたのが恐怖心でした。怖い。突然殴りかかってきたりするんじゃないだろうかとか、危ないもの取り出してぶちまけたりしないだろうかとか。同じ車両の人はどのように感じているのか無視するような都会の人々。私は「理解しよう、理解すれば怖くないはず」と念仏のように頭
のなかで唱えながら彼の様子を観察しました。まあ相手からすれば無遠慮な態度となるでしょうが、彼は私には気づいていないようでした。世の中いろんな人がいますが、理解したい、理解してほしいと強く感じました。

posted by pegami at 12:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

ちゃんと言えたかな?

仕事帰りにクリーニング店に寄ってワイシャツ6枚を受け取りました。
 3人の方が交代で店番をしておりますが今日対応してくれたのは笑顔時間の一番長い方。子供好きなのか祭輝のことをよく尋ねてくれたりします。生まれた直後「生まれた?どっち?」と聞いてくれた方です。
 今日は「どう、なんかしゃべるようになった?」といわれたので「全然。『おっ』とか『あっ』とかしか言わない」と言いますと「男の子は遅いからね。」みたいなことを言ってもらいまして。そういえばダウンだって言ってなかったなあ。「う~ん、ウチの子遅いんだよね、男の子だからっていうより、ダウン症なんで・・・、まあかわいいから全然いいんだけど」
 ちゃんと笑顔で言えたかな?不自然じゃなかったかな?明るくハキハキ言ったつもりだけど、なんかちょっと肩に力入ってたかな?
 「うちの子O型なんでおおざっぱなんだよね」みたいなテンションで言えればよかったんだけど、まだまだだねえ。きっと。

posted by pegami at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

年上

今日は祭輝のプールの日でした。一番小さかった祭輝もこのクラスでは後輩も増えて年長気味です。緩くてすぐ脱げていた帽子もあまり脱げなくったりと成長を感じさせられました。とはいっても潜ると泣きます。

posted by pegami at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

札幌市民音楽団第四回定期演奏会

 団員の知り合いが教えてくれたので行ってみました。私と妻と祭輝とばあちゃん。たまにこういうのもいいですね。聞いてて楽しかった。
祭輝もこういうのは始めて。ディズニーランドに行ったときは何度となく大泣きだった祭輝。今日もたぶん途中リタイアだろうと出口になるべく近いところを確保。
 意外にも拍手をするのも忘れて神妙に楽しんでおりました。父さん母さんが楽しんでいることは察しているようで(ホントか?)最後まで泣いたり騒いだりせず付き合ってくれました。途中で寝そうになりながらも。ありがとう。エライ偉い。
 知り合いとは親戚というか私より年齢がひとまわり下のいとこでして、あんな子供だったのに立派な演奏する姿には目頭が・・!?
 祭輝もスポットライト浴びるようになるかい?

posted by pegami at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

立った!!

 昨日の出来事ですが、自力で立ち上がるのを目撃しました。パソコンに惹かれてつかまり立っている途中で一度座り込んだかと思うと、どこにもつかまらずに立ち上がりました。
 自立への一歩です。

posted by pegami at 21:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

白髪と大きな声

 祭輝が苦手なものは白髪と大きな声であることが確認されました。
 今日の悠悠クラブでのリトミック。最初の挨拶から大泣きだったそうで。
 じいちゃんも白髪で大きな声。苦手です。
 乱暴者のくせに意気地無しであります。


 今日書こうと思ってたテーマの題名は「汽笛、安眠妨害、恐怖の気持ち」でしたがそんなことがありまして変更。
 実はもう一つのテーマの題名が「立った」です。
 明日以降に書きます。

posted by pegami at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

歯磨ききらい

 祭輝ではなく私が好きではない。朝食後に磨くぐらいで夜は磨かない方が多い。面倒くさい。自分が面倒くさいぐらいなので、祭輝の歯を磨くのも億劫に感じてしまう。
 でも、祭輝には歯磨きの習慣はつけてもらいたいものだと思う。

posted by pegami at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

行ってきます。バイバイ

 今朝、家を出るとき「行ってきます。バイバイ」というと右手を振りながら満面の笑みを浮かべておりました。これくらいのことはわかるんだなあ。と感心しながら、父さんがいなくなるのがそんなに嬉しいのか!?とひがみながらも自然と笑顔になってしまいました。


posted by pegami at 12:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

嘉門達夫さんの結婚

 今日は書くネタがないなあ、とmixiニュースを見ていたら目に止まった記事。
 49歳で6歳年下の奥さんと結婚されたという。
43歳の奥様。子供もできたらいいと思っているらしい。特に好きなタレントでもありませんが、一応親近感を持つことにします。がんばってくださいねと陰ながら応援しつつ、諦めたころにできたりするものですよ。と役に立つかどうかわからないアドバイスもしてみたくなります。
 
posted by pegami at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

私は100歳まで生きるつもり。

今日外出先から戻り、祭輝に言った言葉「父さんより先に死んじゃだめだぞ」
 祭輝が生まれた頃、ダウン症は10代で死んでしまうと思いこんでいたのですが、それから比べるとずいぶん贅沢な要望です。
 職場の方の息子さんが交通事故で亡くなられてしまい葬儀に参列してきました。26歳。100人いればたぶん99人以上が、前途有望な若者の突然の事故死というでしょう。痛ましい出来事です。ご冥福を祈ることすら不謹慎と思えてしまいます。残された家族のショック、悲しみ。私なら文字通り発狂してしまうと思います。もしこれが神の与えた試練だとしたらいったいなんのために?と恨んでしまいたくなります。子供や兄を失った家族のみならず事故の相手方となったドライバーとその家族にも大変な試練が科せられることでしょう。
 交通事故死は絶対にあってはならないことだという言葉を実感させられました。
 そして、一方、先日判決の出た、27歳のダウン症育児と妻の病気に前途を見いだせず家族全員の人生を終わらせようとしてしまい、結局父親だけが生き残ってしまった痛ましい事件。
 この2つの悲しい事件は私にいろんな問題を投げかけます。言葉や文章に表現するのがとても難しいです。複雑な思いが頭を交錯します。
 

posted by pegami at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

バランスボール

SN340106.jpg
私の実家に来るとまた祭輝のおもちゃが増えていました。歩行訓練用?

posted by pegami at 17:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

ういっしゅ

 「ういっしゅ」というとこんなポーズをするようになりました。

P1070109.JPG
posted by pegami at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

2月12日といえば・・・

 今日は2月12日。髭男爵のひぐち君の誕生日として知られていますが(知られてますか?)
 我が家で祭輝が初めてトイレを利用して大きいのと小さいのをした記念日として後世に広く伝えられることでしょう。
 リンカーンの誕生日だそうですね。

posted by pegami at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

傷害事件発生

 昨日の悠悠クラブで発生したそうです。祭輝がきいちゃんの鼻を負傷させるというひっかき事件。
 申し訳ありません。本人に代わってお詫びいたします。
 もう二度としませんといえないところがつらいところです。しつけまでもうしばらくご勘弁を!とお願いいたしたいところです。

 今日は久々のこやぎプール、水温が35度近くあったようで(室温かな?)寒い思いもせずに水遊びを楽しみました。プールでは珍しく祭輝の笑い声も聞けました。本日あとは休養予定。

posted by pegami at 11:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

雪まつり行きました。

 天気がよかったので雪まつりに行きました。昨日。大通会場ではなくつどーむ会場。駐車場がないということなので、ジャスコ苗穂店まで車で行って、無料送迎バスに30分ほど揺られて到着しました。
 大きな雪像はありませんでしたが滑り台やジンギスカンや豚汁や肉まんを楽しみました。キッコリーズというのこぎり演奏もやってました。
 祭輝はもちろん固まっていました。
 やはり外遊びは楽しくないらしい。


P1070032.JPG これは自宅近くの公園で遊んだときのものです


posted by pegami at 06:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

機会ができましたので続きを

 意外と早く次の機会ができました。
 所詮北海道は北海道だしダウン症はダウン症であることを忘れてはならないのだという結論に達しました。
 北海道は破綻しちゃうんじゃないかといわれています。原因はなんだろう。たぶん北海道が所詮北海道だと言うことを忘れてしまっているからじゃないだろうか?厳しい自然環境で生活するということがどういうことかを忘れて本州並みの生活が当たり前のものだと思ってしまっている自分を含めた道民。国からの多額の補助を受けて(たぶんそうなんでしょ?)成り立っていることを忘れてしまっているんじゃないか?
 冬なんだから、北海道なんだから、雪が沢山降るのは当たり前。市の除雪がちゃんとしてないと怒る前に自分でできることはしたほうがいいんじゃないのか(自分はできてない気がするけど)雪がいやなら沖縄にでも移住すればいいんだ。沖縄には沖縄の苦労があるはずだけど。
 (後で読み返して意味わかるかな?)

posted by pegami at 07:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

あなたが生き残ったことにも意味がある。

 ダウン症の息子さんがこの世に生を受けたことに意味があるようにあなたが生き残ったことにも意味がある。と裁判官は言ったようですね。新聞記事を見ると裁判官の言ったことはこれだけしか書いてないようですが、何にでも意味があると言っているだけのような気がします。あなたが妻子を殺したことにも意味があるということまでつながってしまいそうな薄っぺらな説教だなと思いました。
 痛ましい事件の判決が出たということでこれについては自分の気持ちを記録しておくべきだなと思いました。
 27歳のダウン症の子供と妻を妻の依頼により殺害したという事件。自分も死のうとしたが死にきれなくて警察に通報。自分も死刑にしてくれという訴えに対して求刑10年、判決は7年の懲役という内容だったと思います。
 今回の判決が出るまでこの事件があったのは知りませんでした。
 生まれてくる子がダウン症だったらどうしようと悩んでいる頃は、知的障害育児に疲れ切った親による無理心中という話はどこかで聞いたことがあったりしてとても重たい気持ちになったものです。
 そんな悩みに直面している人がこの記事を直接読んだらやっぱりとってもつらい思いをするでしょうね。
こんな私でももしかしたら泣いてしまうかもしれない。
 今、この事件を見てもそんな気持ちにはなっていません。27歳ということは28年前に生まれたダウンさんということですね。インターネットや携帯もない頃。大変だったろうな。情報の少なさや育児環境もたぶん今とかなり違っただろう。この家族は我々にとっては大先輩ですし、その苦労は大変だったろう。と心が痛みますが、これを自分たちの共通の問題としてはとらえきれておりません。
 昔本州から屯田兵がやってきてものすごい苦労をして北海道を開拓した。いろんな苦労話には心も痛んだり、感謝したりはしますが、北海道に生まれたからといって、屯田兵の末裔だからといって同じ苦労をする必要はないわけですよね。
 先人の苦労や経験を大切にしながら自分たちの生活をしていけばいいはず。
 あれっ!?最初に書こうと思っていたことと全然違う話になっちゃったな。なに書こうとしてたのかも忘れてしまいました・・・・・・・・
 思い出しました。書く前はどちらかというと逆のことを書こうとしていました。どうやらこの事件に関して気持ちの整理ができていないようです。
 機会があれば、この続きを。

 

posted by pegami at 06:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

そり遊び

 昨日は天気もよかったので雪祭りの人出もさぞかし多かっただろうなと思いますが我々は家から道路一本はさんだ公園の傾斜でそり遊びをしました。
 楽しみました。祭輝以外が。何十年ぶりかですが結構楽しいもんです。祭輝抜きで2人ではしゃぐのは抵抗がありますが、一番年頃であろう祭輝は予想どおり泣きべそでした。
 つきあってくれてありがとさん。

posted by pegami at 11:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

あれ!歩いた!?

 いや、あれを歩いたとは一般的には言わないですが。
 昨日のこやぎの広場で、母さんと向き合って立った祭輝(自力では立てないので立たせてもらった)が母さんに向かって倒れ込む。
 倒れ込む寸前に右足と左足それぞれ数センチずつ前に出たような・・・?
 前後を見ないでその瞬間だけ映像を切り取ればちょっと歩いたことにできそうか。
 昔見た麻原彰晃さんの空中浮遊のビデオ映像をなぜか思い出しました。

posted by pegami at 10:42| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

こやぎ、つぼ八、初そり

 今日は、私仕事お休みいただきましたので妻と祭輝と3人でこやぎに行ってきました。久しぶりに行きましたがカワイイ子供たちの顔が見られるので楽しく時間を過ごしました。
 その後ふらふらして帰る頃にはもう晩ご飯の時間になりましたので、奮発して自宅近くのつぼ八で晩ご飯。ほろ酔いを少し過ぎたあたりの酔っぱらいです。
 それで、つぼ八までの交通機関がそりです。この間ホームセンターで買った青い祭輝用のそり。初めて使いました。暗い夜道を滑走するそりの上で祭輝は固まりつつ、泣きべそをかいておりました。
 さあ、お休みなさい。また明日


posted by pegami at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

絵日記

 SPEEDの今井絵理子さんは4歳の聴覚障害の子供のために絵日記を書いているそうです。言語療法の一環として。なるほど素敵な方法だとは思いますが、ウチは無理だな。絵が苦手。
 たとえば今日もなみ学園で祭輝が大泣きだったということを絵日記にしようとしてもどう描いたらいいか見当がつきません。

posted by pegami at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

バブル期の腰掛けOLか!?

 とつっこみを入れたくなっちゃいます。
 笑ってごまかす。悪いことをしたとき「あやまりなさい。ごめんなさいは?」といえば満面の笑み。「こっちおいで!」といえばその場に座ったままニコニコ。
 ちょっとはこっちの言うこともわかってんだろうから(いや、わかってないのか?まあいいけど)笑顔だけでやりすごそうとするのはなんとかしなさいよ。
 つい、許してしまうではないか。

posted by pegami at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

祭鬼(さいき)

 祭りの鬼ということではないんですが、節分なのでオニになってもらいました。
 豆まきもしました。
 やばい、朝からこんなことしてたら遅刻だ!!

P1060972.JPG

posted by pegami at 08:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

鼻高々

 今日はブログに何を書こうかと考えながら帰宅。玄関を開けるとともに祭輝はネタを提供してくれました。なんという親思いの優しい子供だ。という子供自慢の「鼻高々」ではありません。
 帰宅と同時に聞こえる「ぎゃあ」という泣き声。
 ちょっと目を離したすきに顔をぶつけたらしい。家の中にはなぜか危険がいっぱい。
 ぶつけた場所が目と目の間あたり。ちょっと腫れています。ぺっちゃんこの鼻がいくぶん高くなったようです。というわけです。


P1060948.JPG



posted by pegami at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

無意味

 引き出しを開けてしまうのを防止するベルト。
 このタイプは引っ張るととれてしまうので無意味。


P1060936.JPG

P1060937.JPG でも、ベルトを外して満足しているので引き出しの中身は荒らされることない。
 「無意味」ではない?

 
posted by pegami at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする